なぜ離婚弁護士に相談した方が良いのか

離婚弁護士に相談する上でのメリットとポイント

離婚調停では弁護士を立てるかどうかは本人に委ねられますが、離婚弁護士に相談することは大きなメリットがあります。離婚弁護士を頼むことによって、自分の考えをまとめてもらい、相手に伝える仲介役となってもらえるため、話し合いがスムーズに進むのです。言わなくて良いことなどをプロの立場から判断してもらえるため、自分に有利なように主張してもらえます。また調停委員に説得されてしまい、不利な条件を飲まされてしまうという心配も無くなるため、特に気弱な人にとっては強い味方となります。
離婚弁護士を選ぶ際のポイントとして、自宅や職場から近くて通いやすい場所の弁護士を選ぶということが挙げられます。離婚というのは精神的に負担のかかる問題です。ただ弁護士を立てると何度も念入りに打ち合わせを行わなくてはいけないため、事務所に通うことは避けられません。そのため家から遠ければ遠いほど通うことが辛くなり、負担が大きくなってしまうのです。
弁護士費用に関しては各事務所によって異なるため、ホームページや弁護士に直接確認しなくてはいけません。事務所によってその額は異なりますが、着手金40万、報酬金40万程のことが多く、目安の一つといえます。

離婚の際の金銭問題でもめたら

離婚の時にもめる要因の1つとして、慰謝料が発生するのか、子供がいる場合には養育費、財産分与などの金銭問題があります。当事者間で話し合いのもと決めることもできますが、口約束は後にトラブルの原因ともなりません。特に慰謝料が発生する要件や財産分与の案件については、素人間での話し合いでは解決に持っていくのは困難でしょう。
そこでそういった金銭問題全般は弁護士に相談して調停離婚の手続きを踏んだ方が、問題解決はスムーズに進みます。弁護士にも得意分野があるので、離婚問題に詳しい離婚弁護士を調べてお願いすると良いでしょう。依頼を受けた離婚弁護士は、基本的に代理人となり調停を代わりに進めてくれるので、自分で出廷する必要はほとんどなく、最後の判決の時だけ出廷という形をとることもできます。
費用は弁護士会で決まっており、着手金20万円ほどを最初に支払うことになります。判決後に報酬金として20万円ほどを支払い計40万円ほどになります。一見すると、高額にも思えますが難しい金銭問題はプロの離婚弁護士に任せ、その後のトラブルで精神的に疲れてしまうリスクを考えるとそれほど高額であるとも言えません。いずれにしても離婚問題でもめた時には、自分達で解決しようとせず、まずは離婚弁護士に相談することが必要です。