冷静に話し合いを進めるための離婚弁護士

離婚弁護士に間に入ってもらうメリットは

夫婦関係をこれ以上維持していくことが困難だと判断をしたときに、取るべき道のひとつとして離婚があります。離婚の手続きをすることによって法的に夫婦関係に終止符を打つことができ、夫婦の双方がすっきりとした気分で新しい人生のスタートを切ることができるからです。しかし、婚姻関係を維持していくことが困難となってしまったときに、すんなりと離婚の手続きに踏み切れないケースもあります。たとえば、夫婦のどちらかが離婚をすることに対して納得の気持ちを持っていない場合には離婚の手続きを一方が勝手に進めるわけにはいかず、話し合いを根気よく続けていくしかなくなります。
そのため、夫婦のどちらか一方が離婚をすることに納得がいっていないようなときには、離婚弁護士に相談をするようにしましょう。第三者である離婚弁護士が夫婦の間に介入をすることで離婚に向けた話し合いをスムーズに進められるようになるからです。また、離婚へ向けた話し合いがまとまらずに裁判所を介しての離婚の手続きになったときでも、離婚弁護士ならば夫婦の双方に不利益がないように手続きを進めてくれるからです。
もしも、現時点で離婚に向けた話し合いがまとまらないと困っているときには、離婚弁護士に相談をすることから始めてみましょう。

離婚手続きを有利に進めるなら離婚弁護士に相談を

離婚をするにあたって最高の着地点といえるのが当事者が十分な時間をかけて話し合いを行い、双方が納得のいくかたちで離婚の手続きをするパターンです。しかし、一度壊れてしまった夫婦関係というものは離婚に向けた話し合いをすることを邪魔してしまうことも多く、当事者の双方が納得いくかたちで離婚の手続きができるのは非常に稀です。
たとえば当事者の一方が浮気をし、そのことが原因となって離婚話が持ち上がったという場合には浮気をされた側は冷静な気持ちで話し合うことは難しく、つい感情的な態度をとってしまいます。当然のことながら離婚に向けた冷静な話し合いなどできるはずもありません。そのため、そういったケースでは裁判所を介しての調停離婚の手続きをすることになります。
調停離婚では裁判所を介しての離婚の手続きが行われることになりますが、その過程では法律の知識が必要になってきます。法律の知識が何もないまま調停の場に挑んだ場合、知識が足りないことが原因で自分にとって非常に不利な条件で離婚協議書を締結してしまう可能性もあるからです。そのため、離婚に向けた話し合いが冷静に行えずに調停離婚の手続きをすることになったときには、離婚弁護士に相談をしてみることから始めましょう。また、報酬面で折り合いがつくのであれば離婚弁護士に依頼をして自分に有利な条件で離婚が成立するようにしてもらうようにしましょう。

ご依頼者様のご要望に合った様々なプランをご用意しております。 2016年11月17日:テレビ東京「それってタブーですか?」などのテレビ出演もしております。 土曜日・日曜日に関しましてもご相談可能となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。 お電話の方は携帯からのお問合せでも通話無料となっております。 メールからのご予約も承ります。(24時間受付可能) 安心・信頼の離婚弁護士をお探しならこちら